Now Reading
広報部 / LogicArchitecture・嶋村 友佑 | ロジック人

広報部 / LogicArchitecture・嶋村 友佑 | ロジック人

デザインに魅せられて

この春Logiczine編集部に仲間入りしたシマムラくん

前進思考で物事に取り組む姿勢に編集部も活気付いています。

彼を支える原動力とはなんなのでしょうか。お話をお伺いしてきました。

住宅・建築業界を目指したきっかけを教えてください

高校生の時、進学先を考えるタイミングでモノづくりを勉強したいと思いました。最初はプロダクトデザインを学べる学科を目指していましたが、第一志望の学校に落ちてしまったことで結果として建築学科に進学しました。モノづくりという視点で似ているなと思ったんです。構造設計や環境設計、まちづくりなど、建築の中でも色々な分野があるのですが、僕は設計デザインを専攻しました」。

元々プロダクトがお好きなんですね

「はい。僕が中学二年生の時に初めてスマホを手にしたんです。当時からスマホって常に身に付けているもののひとつだったのですが、その色や形のパターンにバリエーションがなくて選択肢が少なかったんです。微妙な機能の違いでは選べても、デザインが気に入ったものを選べないということに違和感がありました。

そんな中で発売された、プロダクトデザイナーの深沢直人さんがデザインした『INFOBAR』を見た時に衝撃が走りました。他のスマホとは全然見た目が違っていて、スタイリッシュで…ひとめぼれしました(笑)。こういった愛着の湧くモノづくりをしたいと思いました」。

元々プロダクトがお好きでデザインにのめり込んだとのことですが、建築に出会って新たに面白味を感じた部分はありましたか?

「そうですね。やっぱり空間全体をデザインするという規模感の違いがありますよね。僕が特に面白いなと思ったのは、階段や段差の扱い方です。段差って日常の意識していない部分に溢れていて。建築を勉強する前はなんでもなかったただの段差にこんなに意味があるんだと気付いたのは面白かったですね。人が座るようになったり、そうすると団欒が生まれたり、段差の周辺は“居場所”になることがあるんです。少しの形の違いで色々な意味が生まれることに興味を持ちました。

 

建築は五感を全部使うんです。プロダクトもモノによって様々な感覚を使いますが、スマホひとつだけでは匂いや食感は影響しません。建築が作るのは空間そのものなので、一度でより多くの人間の感覚を演出することになります。元々がプロダクトという視点から建築にシフトしたので、使う感覚が増えたという意味で、可能性が広がったようにも感じていますね。

 

あと、建築は外的要因の影響も大きいですよね。光の入り具合とか、時間帯とか、周りの環境とか。コントロールできない自然をいかに上手く取り込むのかを考えられた建築はすごいなと思います。本当に面白いです」。

入社2年目、今年は営業から広報部へ転身となりました。いまの心境はいかがですか?

「実は、元々広報の仕事もやりたかったことの一つなんです!こうやって様々な経験ができて、すごく充実していると感じています。営業職を経験したことで、今に活かせているなと思う部分もたくさんあります。例えば、様々な視点から興味や疑問を抱くようになったことですね。接客の仕事は、お客様に興味を持つことから始まります。言葉の裏にどんな真意があるのか、本当の気持ちや要望を引き出し汲み取ることが必要です。営業を経験する前の何も知らない自分だったら、何に対しても言葉の通りに飲み込んで、特に質問も出てこなかったと思います。今はお客様に限らず、仕事をしている中で疑問に思う部分が自然と出てくるようになりました。指示されたことを機械のように全うするのではなく、なぜそれが必要なのかを先を見据えて自分なりに工夫するようにと考えるようになりました。

 

あとは、広報部に転身して文章を書くことが増えました。他の方に内容の添削をしていただいているのですが、ここ数カ月トレーニングを重ねる中で、この書き方は指摘されるなと気付くようになってきました。受け取り手の気持ちを考えるということが少しずつ癖として身についてきたのだと思います」。

広報メンバーとしてはまだ始まったばかりですが、これからどんな風になりたいですか?

「もっと表現が上手くなりたいです。クリエイティブ、文章、話し方、アウトプット、すべて含めての表現の方法ですね。広報部に入った時、文章って誰でも書くものだからある程度できるだろうと思っていたんです。だけど実際にやってみてその難しさを実感しました。僕は特に文章全体の構成が苦手です。文章のブラッシュアップを重ねるうちに、どの情報を先に伝えるかで印象が全く変わることもあるのだなと知りました。まだまだ聞き手目線で想像することが足りていないのだなと思います。伝えたいことをしっかり伝えられるような表現方法を身に付けたいです」。

これからの目標や将来の目標を教えてください

「最近、将来はこんなことをやれたらいいなと少しずつ思い描いていることがあって。“まちにひらくオフィス”を作りたいと思っています。店舗でもあり、自分自身のワークスペースでもあり、色んな人が出入りするような場所があったらいいのになと思うんです。

 

自分や会社で元々繋がっていた人から少しずつ人脈を形成していくのとはまた別で、ぽっと全く別のコミュ二ティとの出会いを作ってみたいんです。堅実で予定調和なモノづくりも大切なのですが、たまにはなにか爆発的な化学変化が生まれれば面白いなと思って(笑)。そのためにはカフェだったりお店だったり、誰でも入ることができるきっかけが必要ですよね。そういったスペースとオフィスを基盤として、人脈を広げるための場所を作りたいんです。

 

まだ漠然と夢を描いているという段階ですが…いつか自分のやりたいことを実現できるように、まずは今を楽しみながら力を付けたいと思います!」

What's Your Reaction?
Excited
6
Happy
6
In Love
5
Not Sure
0
Sad
0

© 2019 Logic 
All Rights Reserved.

Scroll To Top