Now Reading
家づくりのシナリオvol.10 | 宇土市 I 様邸

家づくりのシナリオvol.10 | 宇土市 I 様邸

ハシモト ダイ

山々へと繋がる住まい

毎日の暮らしを楽しむ秘訣を探るべく、素敵なお住まいで素敵な暮らしをされているかたにインタビューをさせていただく「#家づくりのシナリオ」シリーズ。

グラント一級建築士事務所で建築された宇土市I様邸。今回は設計を担当した堀江 壮さんと一緒に伺いました。

―グラントとの出会いをお聞かせください。

旦那様「AMBハウジングパークでロジックアーキテクチャのモデルハウスを見に行ったんですけど、そこで対応して頂いたのがグラントの堀江さんでした」。

奥様「グラントともう1社で最後まで検討していました。そのときグラントの設計士の山下さんと稲葉さんの自邸に案内してもらったんですけど本当に素敵な住まいで、『こんなところに住みたい!』と思い、そこでグラントに決めましたね。もう1社はローコスト住宅でグラントの見積りと金額差はあったんですけど、それでもグラントで建てたいと思いました」。

グラントの稲葉の自邸を見て一目惚れしたという”HERE COMES THE SUN”

—グラントが建てる住まいを見て、どのあたりに魅力を感じましたか?

旦那様「シンプルで無駄がないと思いました。あと、他のハウスメーカーのモデルハウスよりも数字以上に広がりを感じましたね。そこに置く家具や照明を含めて空間を考えられているからなんだと、堀江さんと話していると感じました」。

堀江「福岡まで一緒に家具見に行きましたもんね。(笑) あれも楽しかったですね」。

開放感あるLDK。日中は陽がたっぷり差し込み、その暖かさがしっかりと夜まで残ります

—実際に住んでみて、住み心地はいかがですか?

旦那様「本当に最高です。僕は特に夜のリビングが好きですね。間接照明の灯りの下でゆっくりしている時に『良い家建てたなあ』と感じます」。

奥様「こうすれば良かった、という後悔が全くないです。本当に満足しています」。

旦那様「あと、冬でも家全体が凄く暖かいのも嬉しいです。家づくりを始めたとき色んなハウスメーカーのモデルハウスを回ったんですけど、どこも寒かったり、暖房がガンガンついていたりしていました。このおうちは暖房に頼らなくても暖かいです。電気代が安くなる分、住宅ローンにお金を回せます。光熱費など生活にかかる費用をトータルで考え、家にきちんとお金をかけるという選択は良かったと思っています」。

旦那様お気に入りの空間。夜は間接照明だけで時間を贅沢に過ごすとのこと

―グラントとの家づくりはいかがでしたか?

旦那様「堀江さんはポリシーがある方だと思いました。僕たちが色んな意見をぶつけても全くブレない強さがあります(笑)」。

堀江「譲れない部分は沢山ありましたね。ここで折れては駄目だ、と強い意思を持ってお打ち合わせさせて頂きました」。

旦那様「結果的に堀江さんの意向に反した部分はなかったと思います」。

堀江「最後には最善の選択をすることが設計士の仕事ですので、そういった意味では負けないようにしましたね」。

奥様「あと、結構細かいところまで質問していたんですけど、堀江さんの答えには全て芯があって、最終的には全部納得できました」。

旦那様「結果、大満足の家になりました。プロに任せるのが一番だと本当に思いましたね」。

堀江「僕もやりたいことを全てやらせて頂けたので大満足です!」

 

—さいごに、家づくりは楽しかったですか?

旦那様「本当に、めちゃくちゃ楽しかったです」。

堀江「いやぁ、それが一番嬉しいです」。

What's Your Reaction?
Excited
3
Happy
4
In Love
3
Not Sure
0
Sad
0

© 2019 Logic 
All Rights Reserved.

Scroll To Top