Now Reading
八代市S邸|家づくりのシナリオvol.8

八代市S邸|家づくりのシナリオvol.8

オオハラ ユキエ
家づくりのシナリオ/八代市S様邸
家づくりのシナリオ/八代市S様邸
家づくりのシナリオ/八代市S様邸
家づくりのシナリオ/八代市S様邸
家づくりのシナリオ/八代市S様邸 +8
View Gallery
家づくりのシナリオ/八代市S様邸

遊び心が詰まった平屋

毎日の暮らしを楽しむ秘訣を探るべく、素敵なお住まいで素敵な暮らしをされている方にインタビューをさせていただく「#家づくりのシナリオ」シリーズ。

今回訪れたのは、兼ねてより噂に聞いていた素敵なご家庭。八代市にお住まいのS様ご家族です。

家づくりのシナリオ/八代市S様邸

家族の生活リズムをつくる

―家を建てようと思ったきっかけは何でしたか?

旦那様「きっかけは出産ですね。元々賃貸のアパート暮らしだったんですけど、家族三人で住むには手狭でした。」

奥 様「湿気もひどくて、カビや結露に悩んでいました。子供が気管支が弱かったんです。これから子育てをする上でも、やっぱりいい家で生活したいと思いました。」

 

―S様ご家族にとっての”いい家”とは、どんなイメージでしたか?

奥 様「まずは住まいとしての性能です。換気がしっかりできて、健康にいい家に移りたかったんです。あとは見た目も重視していました。家っぽくない家がいいなと思っていましたね。」

旦那様「なので、ビルダー探しでは建築家の方に設計していただけるという点が決め手になりました。」

奥 様「ロジックアーキテクチャっていう会社が良さそうだよって、旦那さんが私に教えてくれて、初めて話を聞きに行った時に模型をたくさん見ました。デザインが好みで、気密もしっかりしていると聞いて、これなら住みたいなと思ったんです。それと、最初にお金の話から入ってくれたのがわかりやすかったです。」

旦那様「僕たちの資産と、借入できる金額と、合わせてどれくらいのお金があればどんな規模の家が建つのか、最初は全然見えていなくて。」

奥 様「あれをやりたいとか、こういう風にしたいとか、理想はたくさん出てくるんですけど、それにどれだけお金がかかるのか、本当に実現できるものなのかはさっぱりわかりませんでしたし…。それで安心したというか、やりたいことがここなら実現できるんだなと思えたのが良かったですね。」

家づくりのシナリオ/八代市S様邸

―建築前は色んなことを考えてイメージして、実際に家が建つわけですが、住み始めてからどうでしたか?

奥 様「この家が私たち家族の生活リズムをつくってくれているなと思います。動線がばっちりと決まっているんです。夜に部屋干ししておいて、朝起きたらまずそこに行く。洗濯物を畳んで、脱衣所の棚にしまって、次にアレで、その間にコレ…。ってルーティンができています。外干しだったら季節やお天気によって乾き具合の差が出てしまうと思うんですけど、室内干しだから絶対に乾いているんです。だから朝のスタートがばっちり決まって、無駄もない、ストレスもない生活ができるようになりました。アパート暮らしの頃から部屋干しはしていたんですけど、乾いていないことも多かったんです。以前はアレルギーも出ていたんですけど、この家に来てからはなくなりました。家の気密性能が高いから、中の空気が常に快適な状態で保たれているんです。昔はカビに悩まされていた鞄もブーツも、今は心配がいらなくなりました。エアコンも1台で十分だから電気代も安く済んでいます。」

旦那様「”ちょうどいい”家だなと思いますね。収納も多いし。我が家はモノが多いので。」

暮らしの遊び心

家づくりのシナリオ/八代市S様邸
やわらかなべージュ色に塗装したハイエース。お仕事用の車ですが、ちょっとした旅にも出ることもあるそう

―少し前には、ご自宅でガレージセールをされていましたよね?

旦那様「はい。初めての試みだったんですけど、持っていくのも面倒だしここでやってしまおう!って。洋服や靴やアクセサリーなどを中心に、家の前でフリーマーケットを開催しました。家ももちろん良いんですけど、ここはまわりの環境も良かったなあと思っています。元々の知り合いの家も近いし、近所の人も良い人ばかりで。家族ぐるみで仲良くしていただいています。うちは子供が一人っ子なんですけど、近所のお兄さんお姉さんにもよく遊んでもらってますね。」

奥 様「私は、なんでも事前に調べ込む性格なんです。以前アパートを探していた頃も、内見するだけじゃなくて、周辺にどんな人が住んでいるのか、どんな地域なのかまで見るようにしていました。今回はお墓が近くにあるから、おばけは出ませんか?とか(笑)高架下だけどうるさくないですか?とか、事前に聞きましたね。

あとはやっぱり住んでみてから気付くこともありました。ダイニングに座っていると、この窓からきれいに夕陽が見えます。窓がこの景色を絵画のようにしてくれるんです。ピンクの日もあれば、オレンジの日もあって、本当に綺麗で…。この窓から見える線路の向こう側にお墓があるんですね。だからたぶんこの方角には今後高い建物ができることはほぼ無いと思うんです。つまりこの景色はこれからも長い間見ていられるんじゃないかなあって。設計してくれた建築家の方は、家を建てる瞬間だけじゃなくて、これからここで過ごす未来のことまで考えてくれたんだなあと感動しています。寝室のベッドからも、夜には星空と月が見えて、夜明けには朝日入るんですよ。」

家づくりのシナリオ/八代市S様邸
夕陽や星空など、景色を取り込む窓の位置は、建築家の意図的な操作によるもの

旦那様「70坪の三角形の土地なので、平屋は無理かな?と思っていたんです。最初は2階建ての計画だったんですけど、やっぱり諦めたくなくて、欲しいものリストをつくりました。やりたいことはたくさんあったので、項目ごとに点数付けをして、優先順位を決めたんです。平屋とか、屋根付きのガレージは点数を高めにしました。建築家さんには、それを汲み取った上でこういう少し変わった(?)形の間取りを提案していただきました。外観は特徴的だし、コンパクトなんですけど、とにかく住みやすいんですよ。」

 

-ガレージと言えば、停まっている車も素敵でした。色やエンブレムなどもカスタムされたものですか?

旦那様「はい。仕事で使う車なので、荷物を積み込めるように、後部座席は全部フラットになっています。」

奥 様「旅行に行くときはこの車で移動して、旅館に泊まる前日に車で寝泊まりします。後部座席に布団を敷いて。朝は海岸近くに車を停めて、テーブルを広げて朝食をとるんです。珈琲を沸かしたりして、キャンプ気分を楽しんでいます。」

 

―お住まい自体も素敵なのですが、やっぱりS様ご家族からは暮らしの「遊び心」が感じられますね。

旦那様「これからコンテナ倉庫も置こうと思っていて、それからもっと色んな道具を揃えていきたいですね。アウトドアとか、自転車とか…。」

奥 様「最近ちょっとした家庭菜園も始めて、子供と一緒にお水をあげて、収穫して楽しんでいます。子供と一緒に何かをしたり、作ったり、ということが楽しいですね。」

家づくりのシナリオ/八代市S様邸
玄関にはご主人の趣味の自転車がディスプレイ
家づくりのシナリオ/八代市S様邸
ダイニングに座ると、夕焼けに染まる空が視線に飛び込む(撮影:旦那様)

住み心地の秘訣は、建築前の準備から

家づくりのシナリオ/八代市S様邸
リビング横のハンモックでは、家族でゆったりくつろいだり、お子様が遊んだりと大活躍

―普段このお家にいる時はどんな風に過ごすことが多いですか?

奥 様「いまは外出をしにくいこともあって、一日家でゆっくり過ごすことが多いですね。朝食をとることが好きで、子供と一緒に料理をすることも多いです。クレープを焼いてみたり、スコーンを作ってみたり。あとは大体このリビング・ダイニングあたりにいますね。ハンモックではゴロゴロしたり、ブランコにしてみたり、たまに登ってみたり。このスペースの中で、それぞれ楽しくしてますね。」

 

―ハンモック、素敵ですよね。このお家の象徴にもなっているなと思います。家づくりの段階から計画されていたんですか?

旦那様「はい。建て始めた後に、やっぱり欲しい!ってお願いしたんですけど。ぎりぎり間に合いました。」

奥 様「基本的な家の要素は、アパート暮らしの頃からあまり変わってないんです。新しいモノはあまり買ってないし…。リビングの壁に飾っている額縁もアパート暮らしの頃から持っていたものだし…。ここはアクセントウォールというよりは、テレビを目立たせたくなくて、黒っぽい壁にしました。とにかく”生活感を無くす”というのがテーマのひとつだったので。なのでこの家には隠せる収納がたくさんあるんです。持っているモノのサイズを全部図って、棚の幅ってこれで足りるかな?とか、何cmだから何個置けるな、とか、寝ないで考えてました(笑)その代わり引越しはすぐに終わりましたね。どこに何を置くかが決まっていたので。」

旦那様「洋服が一番大変でしたね。量が多いので。」

奥 様「そうだね。洋服の量に合わせて、ウォークインクローゼットは少し大きめです。アクセサリーを置くためのニッチもつくりました。」

家づくりのシナリオ/八代市S様邸
リビングの壁は一面だけカラーリング。黒っぽい背景とまわりのディスプレイでテレビが目立ちません

奥 様「脱衣所は、買ってきた収納に天板を載せているだけでなんですけど、すごく便利です。洗濯物もここで畳みます。鏡はIKEAで買ってきたものを自分達で貼り付けました。」

旦那様「家全体はコンパクトで、ちょうどいいなと思ってます。」

奥 様「最初はアパートくらいの広さでいいし、ワンルームでもいいなって思ってました。コンビニみたいに、棚とか家具で空間を仕切る様な感じとか…。でも人が来た時にベットが見えるのはあれだからって、寝室とクローゼットくらい分けてあればいいですって話してこの形に納まりました。写真で見たら広そうに見えますけど、実際はそんなに広くはないんです。どこで何をするかがハッキリしている家だから、住みやすいんだと思います。」

ここに3人で居たいなって思ったから

家づくりのシナリオ/八代市S様邸
ダイニングの横には、お子様が本を読んだり、勉強をしたりできるスペースを設置

―この家に住み始めてから、何か変わったことはありましたか?

奥 様「ダイニング横のスペースに置いてあるものは少し変わりましたね。子供の成長に合わせて、最初はおもちゃやおままごとセットが置いてあってのが、今はちょっとしたお勉強スペースになっています。たまに親も隣でパソコンをしてみたりもしてます。」

旦那様「なにか暮らしが大きく変わったとかではないのですが、掃除をマメにするようになりましたね。自分で買ったものだから、大切に使いたいというか。シンクもお風呂も、水滴まで毎日しっかり拭きあげています。どんな良い家でもお手入れしないとだめになっちゃいますからね。」

奥 様「旦那さんは綺麗好きだから、毎日時間を掛けて、全部ぴかぴかにしてくれるんです。いつのまにか用途ごとの洗剤も増えてました。すごくいい人と結婚したなあと思っています!(笑)帰ってきたときも、家が綺麗だと気持ちがいいですよね。この大きなテーブルにも、普段は何も置かないようにしています。ちょっとした調味料とか、プリントか、なるべく見えないところに。食事以外にも例えばミシンとか、なにをするときにも必ずこの場所なので、綺麗じゃないとストレスになっちゃうんです。これも片付けられる収納がたくさんあるからできる事だなあと思います。」

家づくりのシナリオ/八代市S様邸
壁やテーブルは白がメイン。家具や食器、瓶が置かれることを想定した配色です。ちなみにこちらは数年前に撮影したお写真ですが、お子様の成長以外、今と様子が何も変わりませんね。毎日のお手入れの賜物!

―モノ選びにルールはありますか?

奥 様「色は白、黒、赤にまとめて、あまりたくさん入れないようにと決めていました。元々持っていた赤のエッグチェアが映えるように、とか。生活していくと自然と色が増えますよね。色が増え過ぎないようには気を付けています。」

 

―お気に入りの場所はありますか?

奥 様「私は基本キッチン・ダイニングにしかいないですね。窓の外も見えるし、家の中も見えるし。冬場はソファを片してこたつが出てるし。お客さんが来た時も、ここにしか入らないし…。個人的には脱衣所も、あとは寝室の狭さも好き。あと容量の大きなクローゼットも。全部ですね(笑)。『ご飯よー』って、つぶやくだけで家全体に伝わるこの距離感が好きですね。どこに誰がいるのか、常に気配を感じられるサイズ感というか。どうせみんなここに居るし…というより、ここに3人で居たいなって思ったからこの家になったんだなと感じています。」

平屋は夫婦仲を円満にする?

―元々平屋を希望されたのは、そういった家族と近くに居たいという想いがあったからでしょうか?

奥 様「そうですね。あとは階段が怖いのと、トイレを2個作りたくないなっていうのがありました。お掃除も2倍になりますしね。上と下とでばらばらだと、どこで何が起きてるかも分かりにくいですし。」

 

―家族で喧嘩はしますか?もし喧嘩してしまったら、顔を合わせたくないと思っても、2階に逃げたり、個室に籠ったりすることもできませんよね。

奥 様「確かに、言うほど大きな喧嘩はしないかな?個室がないから、ここで終わらせるしかないですからね。ずっと顔を合わせてるから、その場で解決するしかないですもん。」

 

-もしかすると、平屋は夫婦仲を円満にする力もあるのかもしれませんね!

家づくりのシナリオ/八代市S様邸

S様ご家族と話していて一番感じたのは、自分の家が、家族が大好きであること。家も家族も生活も、好きで満たしたその姿が、きらきら輝く理想のご家族でいるための秘訣なんだと思いました。温かく迎え入れてくれたS様ご家族、ありがとうございました!

あとがき

「好きに暮らす」って、簡単に聞こえるけど、思ったよりも難しいものですよね。もっと時間があったらな、もっとお金があったらな、今日は疲れているから、他にやることがあるし、…探せば言い訳はどんどん出てきて、本当にやりたいことは後回し。もっと楽しく生きることが出来たらいいのに。なんて思うこともたくさんあります。

でも本当は「好きに暮らす」ってもっと楽に考えても良いのかもしれません。ちゃんと家事をするのがイイとか、丁寧に手間を掛けたご飯をつくるのがイイ、とかいうことではなくて、なんというか、「それぞれの”心地の良い生き方”に向き合って、それを実現するために行動すること」なのかな、と思います。時短であっても自分が満足できればいいし、できないことは他の人に助けてもらえばいい。

面倒に思える家事も、整ったお家づくりも、それ自体が素晴らしいというよりも、自分達の”拘り”や、”好き”とか”楽しい”に素直に従うということが、暮らしを楽しむ秘訣なのかもしれないな、と思いました。

そして、大好きなモノに囲まれて、好きに暮らす、そんな毎日が幸せなのだと思います。

家づくりのシナリオ/八代市S様邸
What's Your Reaction?
Excited
9
Happy
7
In Love
8
Not Sure
0
Sad
0

© 2019 Logic 
All Rights Reserved.

Scroll To Top