Now Reading
宇土市T邸 | 家づくりのシナリオvol.4

宇土市T邸 | 家づくりのシナリオvol.4

Hiroko Sonezaki

熊本県宇土市の某所。
住宅街の細道を慎重に抜けていくと、突如現れる真っ白な邸宅。

今回は「とにかく楽しかった」と家づくりを振り返られるT様ご夫妻に、
楽しい家づくりの秘訣をお伺いします!

白い外観がシンプルで美しいT様邸

大勢で集まれる場所が欲しい。

お子様同士が幼なじみの仲が良い4家族で、アウトドアや旅行などに出かけられるというT様。それぞれの家で集まることも、よくあるそう。しかし以前住まわれていたアパートは、4世帯(総勢17名)には手狭。そこで、家づくりのご検討を始められたそうです。

奥様

その時は、みんなで富士山に登る計画を立てていて。近所の山を登って、登山の練習をしていたんです。山頂を目指しながら、そろそろ私たちも家が欲しいね、という話になったのがきっかけですね。

ご主人

ずっと前から家が欲しいと思っていたけれど、妻が欲しいと言うのを待ってたんです。行ったらすぐに欲しくなっちゃうからと、住宅展示場に行くのを妻が渋っていて。(笑)

なんと朗らかなご夫妻。こうしてT様ご一家の家づくり計画は、愉しげに始動。お子様たちが成長され、空いた夫婦の休日のひと時に、住宅展示場へ向かわれたのでした。

開放的なリビングに、お嬢様の奏でるピアノの音色が広がる。小窓で切り取った景色もアクセントに。

閉鎖的で開放的な「囲いの家」

家づくり検討当初から、窓の大きな吹き抜け空間をご希望されていたT様ご夫妻。
奥様のご実家での思い出が、その理由だったそうです。

奥様

子供の頃過ごした家が、あまり明るくない家で、明るい家に憧れていたんです。家をつくるならば、大きな窓と吹き抜けが欲しい。家づくりを始める以前から、そう思っていました。

しかしその一方で、気になっていたのがプライバシー。あまり外から見えないようにしたいけれど、大きな窓が欲しい。この矛盾する二つの願いをどう伝えたらいいのかと、悩まれていたT様ご夫妻。そんな中、雑誌やインターネットでGranT一級建築士事務所と出会い、施工例から「囲いの家」を見つけられたとのこと。大きな窓による採光と、プライバシー確保の両立を、中庭で解決したその住まいは、白く美しいファサードが印象的。T様ご夫妻の理想が具現化したようなその住まいをご覧になり、ここにお願いしたい、と思われたのだそうです。

大きな窓を外壁でほどよく遮り、安心して暮らせる。
リビングの外には中庭が。

なかなか決めるのが苦手だと仰るT様ご夫妻。
悩んだ末に、GranT一級建築士事務所を選ばれた理由は、一級建築士と密に家づくりができることと、SE構法だったそうです。

ご主人

すごく悩む二人なので、打ち合わせが心配でした。建築士の方とじっくりやり取りできる方が、私たちには合っていると感じたので、グラントさんに決めました。

奥様

大きな梁や、無用な柱のない家にしたいと思っていました。SE構法ならば、従来の木造住宅より少ない柱で、耐震性の高い家を作ることができると知ったことも、グラントさんを選んだ理由の一つです。

電話予約で問い合わせされたT様ご夫妻。一般的に、建築事務所は敷居が高いと思われることが多いため、緊張されなかったかどうかお尋ねすると・・・。

ご主人

電話をかけてみたら、建築士の方が優しく応対してくれました。先入観も特になかったですし、やわらかく受け入れられて、安心して話すことができました。

実際に住まわれてから3ヶ月。 お伺いした日には、中庭の紅葉が真っ赤に色づいていました。 担当建築士曰く、なかなかすぐに色づかないことが多いとのこと。 丁寧に住まわれている様子が、目に浮かびます。

『大空間、仲間と楽しむ家』

こうして、GranT一級建築士事務所との家づくりがスタート。自分たちの要望をうまく伝えられるかどうか、心配されていたT様ご夫婦でしたが、Pinterestなどを活用し、ビジュアルで要望を共有することで、伝えやすくなったとのこと。打ち合わせを経て、建築士が提案したファーストプランは『大空間、仲間と楽しむ家』。開放的で閉鎖的というオーダーもしっかりと汲み取られ、最初のプランでほぼ満足されたそうです。

奥様

アプローチから玄関が見えないことや、外にあるベンチなど、雑談を含んだ話の中から好みを理解してくれて。生活動線についても、素人には考えつかない提案をしてくれて、すごい!と感じました。

そこから着工に向けて、打ち合わせを重ねたお二人。
建築士ならではの提案力で、素材を選ぶのも楽しかったそうです。

奥様

造作家具がどれも素敵。洗面所に貼ってもらったタイルなど、逐一おしゃれな提案をしてくれて、嬉しかったです。

そんな中、旦那様には一つの譲れない要望があったとか。

ご主人

家電が好きで、音声認識で照明などを操作できる家にしてみたかった。最初にお願いした時は、前例がないので難しいかもと言われていましたが、いろいろ自分でも調べて相談してみて、最終的には実現してくれました。

奥様のお気に入りの洗面。タイルが美しく清々しい。

アイディアが実現する感動

数ヶ月の打ち合わせの末、いよいよお引き渡しの日。

ご主人

決めきれない、煮え切らないことも多かったですが、担当の建築士さんは嫌な顔一つせず、すぐに対応してくれて。引き渡しの日は、アイディアが実現したことに、感動しました。大きな窓に特注のカーテンをつけてもらった時は、更に感動。親戚も集まって、わー!と歓声が上がって。

奥様

冬は暖かく、暖房はほとんど付けずに済んでいます。住み始めてから、いろんな人が『すごいね!』と言ってくれるのも嬉しいです。小学校四年生の娘の友達が『デザインがいいね!』と言ってくれた時は驚きました。(笑)ご近所さんも完成まで楽しみに見守ってくれて。我が家を『白亜の豪邸』と呼んで下さっています。(笑)周囲との関係も含め、ロジックの皆さん総出で、我が家を形にしてくれて、感謝しています。

ご主人

家づくりは大変とか、面倒くさいと聞いていたけれど、楽しくてあっという間でした。選んだり、決めたりすることが苦手な二人でしたが、話を聞いてもらって、汲み取ってくれて、予想以上の提案をしてくれることが嬉しかった。ありがとうございました。

お住まいの撮影中に和気藹々と話しかけて下さるご近所の皆様。とにかく楽しかった、嬉しかったというお言葉を、何度も仰っておられたT様ご夫妻。お幸せそうなご様子が嬉しく、インタビュー担当は少しうるっとしてしまいました。そして最後に、建築士との家づくりをお考えの方へのアドバイスを頂きました。

奥様

できないかも、これ無理かもと諦めるより、言ってみるのが大事。無茶かなと思っても言ってみたら、自分で考える以上の提案をしてくれると思います。

叶えたい想いを伝え、より良い提案として昇華される体験。それこそが建築士との家づくりの醍醐味なのだと、改めて感じるT様ご夫妻のお言葉。また、こんな風にしたい、あんなことがしたいと、話し合われる時間が家づくりを楽しいものにするんだなあと、ご夫妻のお姿を見て感じました。仲良し4世帯と一緒に、中庭でバーベキューをしたいと仰っていたT様ご一家。今頃は皆さまで賑やかに、暮らしを楽しまれていらっしゃることでしょう。

T家の皆様、素敵なお住まいを拝見させて頂き、ありがとうございました。

Photo Gallery

What's Your Reaction?
Excited
9
Happy
9
In Love
11
Not Sure
0
Sad
0

© 2019 Logic 
All Rights Reserved.

Scroll To Top