Now Reading
ロジックはじまりの家、10年目の内覧会

ロジックはじまりの家、10年目の内覧会

Logic Zine管理人

全てはここから始まった。
ロジックの家づくりのスタンダードを具現化するべく、
代表吉安自らが施主となりつくり上げた、
私たちの家づくりの原点と言える住まい。

なぜそのファサードなのか。
なぜそのディテールなのか。
幾数年、雨風に晒されてきたその佇まいを、
なぜ今、敢えて見せるのか。
私たちの”ロジック”を詰め込んだ、渡鹿の家。
設立10年目を迎えるこの年。
より多くの方に「ロジックの本質」を伝えるべく
一般公開します。

北向きの窓

リビングの窓は南側、というのが住まいづくりの一般的な考え方。しかし渡鹿の家では、リビングの窓を北側に構えています。実はこの建物、南側に隣家の壁がそびえる、一般的には敬遠される土地に建っているのです。敢えてこの土地を選んだ理由は、北側に美しい自然が広がっていたこと。渡鹿の家では、この北側の景観を生かしつつ、十分な明るさを確保するために、採光の工夫がなされているのです。

低さが美しい

一般的な住まいでは、床から天井の高さは2,400mmが標準。その上に換気ダクトなどを通すため、家はどんどん高くなっていく傾向にあります。ところが渡鹿の家は、床から天井まで2,200mm。ダクトの分だけ逆に天井を下げて、住まいの高さを抑えています。でも実際に渡鹿の家に入ると、狭さは感じないと思います。なぜなら感じない工夫をしているからです。

広すぎず、狭すぎず

暮らしの中心となるリビング。ロジックでは、建物の大きさや家族構成、家具などから、もっとも暮らしに心地良いサイズを算出していきます。とくにポイントとなるのは、家具とのバランス。渡鹿の家では、ダイニングテーブル1,800mm、ソファ2,700mmというかなり大き目の家具を置くことが決まっていました。そこから算出したジャストサイズが、二間×五間(20畳)という広さでした。

私たちロジックの原点である「渡鹿の家」
建築の持つ力を是非現地でご体感ください。
皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

Logic Architecture 渡鹿モデルハウス

ご予約はこちら

What's Your Reaction?
Excited
3
Happy
4
In Love
4
Not Sure
0
Sad
0

© 2019 Logic Co.,Ltd. 
All Rights Reserved.

Scroll To Top